よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰してしまいました
こんにちは。凸です。朝からドンヨリの曇り空に、強烈な寒さ・・・2月という感じですね。
春はまだかいな!というくらい、こういう天気に弱い私です。人間も動物ですから、気候に左右されますね。(と、言ってみます。)

今日は朝起きたときから曇り空で体調が思わしくなく、全く目も覚めていない状態で、いつもより早めにサポステに来ました。大体、私が一番乗りでサポステに到着するのですが、今日はもっともっと早く来てみました。

朝の時間に余裕があると、少し心にも余裕が出るのは気のせいでしょうか?
今日は缶コーヒーとおにぎりを片手にPCを立ち上げ、余裕のメールチェック。今日の相談予約を確認したり、全体のスケジュールをチェック。いいぞいいぞ~と思いながら、途中にしていた書類に手をつけたりと気分も盛り上がってきました。

さらに時間が余っていたので、サポステでストレッチなどもしてみたり(笑)、掃除もしてみたりと、ちょうどスタッフが来る時間にはテンションも↑↑になってきたので、今日はいつもより大きな声で挨拶ができましたよ。

私が初めて就職した場所は、昔ながらの職場で、

"新人は、誰よりも早く来て、みんなの机の上を掃除して、コーヒーとお茶の準備をして待ってるもんだ!仕事ができなくても、それができりゃ、とりあえず可愛がられるんだ!"

という教育を受けました・・・。当時は猛烈に不満がたまってましたよ!もちろん!私も現代っ子ですから。しかも、8:45出勤なのですが、そこの一番偉い人が8:00には来ちゃうんですよ。だから、私はそれよりも早く来ないといけないわけで、最後のほうは、その偉い人と競争してましたね。
私がその人よりも早く来ると、翌日はその人はもっと早く来る・・・みたいな感じで。
出勤時間の1時間前に来て、せいぜい20分くらいで朝の仕事は終わるので、残りの時間はよく偉い人とおしゃべりしていましたが、今思えば、その時間は非常に貴重な時間でした。忙しい人と40分も1対1で、しかも毎日お話できるのですから。

おかげさまで、とても可愛がってもらいましたが、ちょっと度が過ぎてますよね(笑)。
途中でその人も張り合うのを止めてくれたので、良かったのですが。

でも、朝早く来ると、自分の気持ちや仕事にも余裕ができて利用者さんの前で眉間に皺たっぷり寄せながら歩かなくても済むと思うと良い効果があります。(と、言いつつも、すでに少し眠いのですが。)

古い日本の体質が本当に「古い」のかといえば、そうとも言えません。

最近、ネットのニュースを見ると昭和の経営者たちが自分たちの従業員の雇用を守るために不況をどう乗り切ったのかといった話がよく出ていますね。
新自由主義は私たちに多くのものをもたらしました。実際に、私自身が3年ごとに転職をすることができて、キャリアアップできたのもそうでしょう。労働市場の移動が非常に自由になった証拠です。一方で多くのものを奪っていったことは、もう書くこともないほど、皆さんは既にご存知のことでしょう。

私はこの仕事に就いて、初めて、社会に主体的に参加するということがどういうことかを知りました。
本当に4-5年前まではただ普通に働いているサラリーマンでしたから。そして、ただ普通に働いている人たちがどんなに社会に対して無関心であるかということも、身をもって知っています。

サラリーマンを止めて無我夢中でこの仕事をしてきましたが、まだまだ全然満足できていません。

なぜなら、今日も明日もサポステに足を運ばなければならない人がこんなにも沢山いるからです。
何かの病名や何かの障害名をつけなければ社会の中で生きていけない人がこんなにも沢山いるからです。


私たちは何のためにこの仕事をしているのか?


将来、サポステを日本から必要のない施設にするために仕事をしているのかもしれない、と思う今日この頃です。




久しぶりの更新でした。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。