よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原の衝撃
こんにちは。スタッフの凸です。

痛ましい事件がまた、起きてしまいました。サポステの朝の職員ミーティングでも話題に上り、全員がショックを受けた事件でもありました。

お亡くなりになった方々や遺族の皆さんの深い悲しみや怒りは理解できるはずもなく、ただただ哀しい事件です。どんな理由があれ、多くの人々を死に至らしめるやり方は間違っています。

ですが、報道される掲示板の言葉の端々から、彼の孤独や悲しみ、不条理な社会に対する怒り、不安が滲み出てくるようで、胸が締め付けられます。

午前6時2分 いい人を演じるのには慣れてる みんな簡単に騙される
午前6時3分 大人には評判の良い子だった 大人には
午前6時3分 友達は、できないよね
午前6時4分 ほんの数人、こんな俺に長いことつきあってくれてた奴らがいる
午前6時5分 全員一斉送信でメールをくれる そのメンバーの中にまだ入っていることが、少し嬉しかった

これは、彼だけの言葉ではありません。
これは、サポステの相談を受けている日常の中でよく聞く言葉です。

多くの若者が共通して感じていることなのでしょう。彼の声を、彼の話に耳を傾けた人はいたのでしょうか。

非正規雇用で、簡単に人が切られていく時代です。
いつ切られるのか分からない。これは不安を通り越して恐怖です。

いったい、いつの時代から働くことが、生きることが、こんなにも難しくなってしまったのでしょうか。

被害者のことを思えば、加害者に対する怒りもわいてきます。
ですが、加害者をここまで追い込んでしまったものは、一体何なんでしょうか。

私たちの生活、仕事と全く無関係な話ではないはずです。
だから、考えて欲しい。

彼らが孤立せず、堂々と生きられる社会とは、どういう社会なのか。
「普通に」生きている人こそ、考えて欲しい問題です。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。