よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親は人間である前に母親であるべきか?
こんにちは。スタッフの凸です。
ものすっごい寒い毎日が続きますね。温暖化ってホントに?という感じですが、よく考えてみれば冬が来るのは遅かったですよね。いつも思いますが、日本は四季がはっきりしていて良いですよね。春夏秋冬が繰り返されるだけなのに、毎回桜に感動したり、夏の青い空に元気をもらったり、秋の紅葉にしみじみしたり、、、おもしろいものです。

さて、今日は「母親は人間である前に母親であるべきか?」というタイトルをつけました。

当然、人間だろう。と予想できるのですが、私自身も母親が一人の女性であり、人間であり、彼女には彼女の人生がある、ということに気がついたのは、この仕事をやり始めてからでした。本当に未熟な人間です。ハズカシナガラ。

皆さんの中で母親というものはどういう存在でしょうか。ひとりひとり持っている考え方は当然ながら違うものだろうなあと思います。

私の中で、母親は「母親」でした。学生の頃はそれこそ強烈な反抗期を繰り返し様々な葛藤がありましたが、それでも「母」という絶対的な存在感は揺るがなかったと思います。
それは母自身が「母」でいようと思っていたからではないでしょうか。今思えば、もう少し母自身の人生を考えて大切にしてあげれば良かったと思います。(あ、まだ生きてますけど...。)

サポステにいらっしゃる多くの保護者の方も、この例に漏れず、「母」です。
自分のことはさておいて、息子あるいは娘のことに全ての時間と精力を注いでいます。
そして、サポステにたどり着くときには疲れ果ててしまっています。まさに精も根も尽き果ててしまった。それでも何かできることはないかと模索しています。

また、時として自分の育て方を責めてらっしゃる方も少なくありません。

「母親」としては当然のことでしょう。     でしょうか?

母親になってしまうと、自分のことは全て脇に置いておいて子育てに望むべきなのでしょうか。
そして、それができない母親は「できない母親」なのでしょうか...。

こればっかりは人の親にならないと分かりませんね。私自身もまだ体験したことがないので、今は疑問のままです。意見を言うことはできません。

実はこのことを考え始めたのは、あるお母さんとの出会いがきっかけです。
登録はしていませんが、お母さんが不安になるとサポステに来て、不安を話して、明日からのエネルギーを蓄えてお帰りになります。私はまだまだ未熟者なので、その話に耳を傾けたり、時にはお母さんと一緒に泣くことしかできません。

あるとき、そのお母さんがご自分の子どもの頃の話をされました。
小さい頃、あまりお母さんに構ってもらえなかったこと。きちんとした子育てをされていなかったから、自分の中での母親像というものが、どういうものなのか、いまいち分からないこと。そんなことをポロポロと話してくださいました。

そして最後にヒトコト。

「自分の話なんて、子どもが産まれてからしたことなかったわ。」
そう微笑まれて帰っていかれました。

「お母さんだって、自分の人生を歩んで良いんですよ。人生を楽しんでも良いんですよ。
完璧なお母さんなんていませんから。」

いつか私が胸をはって保護者相談を担当できる日が来たら、そうお伝えしたい言葉です。
(その前に子どもを産まないといけません!)

というわけで、サポステでは私以外のベテランスタッフがきちんと保護者の方の対応をしておりますので、どうか不安にならずにサポステにお越しくださいませ(笑)。

若者専門 スタッフ凸でした。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。