よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化の予兆
こんにちは。スタッフの凸です。
いよいよ、12月ですね。本格的に寒くなってきました。そしてサポステも1周年を迎えました!関係者の皆様、本当にありがとうございます。
12月は1年最後の月(お仕事をされてる方は3月のほうがシメという感じでしょうか。)ですね。

この1年はどういう1年でしたか?12月になると、いやでも今年1年を振り返ってしまいますね。実は私は「前向きになろう!」という言葉が大嫌いです。「前を向きつつ、たまには後ろを振り返ろう!」なら好きです。前ばかり向いていると、自分の後ろにある人や物、出来事を忘れていってしまいます。
でも、自分の後ろにあるこうした過去を、時には振り返ることで、色あせた記憶の中から、まだ自分が見つけていなかった事実や気づきを得ることができます。
それが時には辛い気づきになるかもしれません。それでも、過去を振り返ることには大きな意味があると考えています。
(もちろん!過去ばかりを見ていても仕方ありませんよ。バランスの問題ですから、こういうのも。)

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日は私自身の1年を振り返って「変化の予兆」というタイトルを付けてみました。この1年、人生でもっとも多くの人と出会い、多くのことを私自身が学び、気づくことができた充実した1年でもありました。

多くの方の相談を受けて気づいたこと。
サポステは小さなステップを繰り返して繰り返して徐々に自立へと向かうよう相談を進めていくのですが、時に大きなステップをドンと乗り越えていく人たちがいます。多分、自立へと向かう、最後の大きな壁なのではないかと思います。
それは、「自分」を乗り越えるということです。
自分を倒す...ということではないっすよ。
自分の過去の辛い出来事。自分の「めんどくさい」性格(よく聞きます、このセリフ)。今までの人間関係で失敗してきた思い出したくもない事実。こうしたことを話して、自分の中で整理をしていくことで、自然とそんな自分を「受け入れていく」ことが、大きな変化の予兆になると感じています。
イメージは自分の「人生劇場」を客席からもう一度観ていくという作業ですね。あくまでも客観的な作業です。

この自分を受け入れるという作業はそう簡単にできることではありません。多くの方は過去のできごとや後悔の気持ちを抱えて生きています。それをひっくるめて自分なのだと言えるようになったとき、初めて「これから」を観ることができるのではないでしょうか。

少なくとも、私は相談の場でそういうシーンをいくつか目にしました。

少し話題がそれますが、多くの方がネックに感じている人間関係ですが、この根本は信頼関係であり、お互いを受け入れるという関係です。自分を受け入れることができる人は、他人をも受け入れることができるようになり、本当の信頼関係が結べるのではないでしょうか。

自分自身を振り返ってみても、自分を認められない若い頃はずいぶん人間関係でも悩んだような気がします。でも、「いやあ、もうそんなこと言ったって、オレはオレだし、もう変わりようないし~」と本当に思えたとき、それまでの人間関係とは違った意味での関係性が出来始めたように思います。

私たちが時に壁にぶつかり、時に涙する。
苦悩の正体は「出来事」ではなく、ひょっとしたら「自分」なのかもしれません。

以前も似たような話を書いたなあと今更ながら思い出してきました。
最後まで読んでいただき、感謝です。

今月は町がきれいな時期です。夜、少し街を歩いてみると気分転換できるかも!
では!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。