よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ人は働くのか? Part Ⅱ
こんにちは。凸です。
今日はずいぶん寒い1日になりましたね。11月に入ったんですから、当然と言えば当然ですが、おでんが恋しい季節になってまいりましたね。

さて、今日は前回の続きです。
人が働くのには、「生きるため」という以上の意味があるんではないだろうか?という内容で、終わりました。

皆さんはマズローという方をご存知でしょうか?少し心理学のお話になります。マズローが提唱した「欲求階層説」というものがあります。
人の基本的欲求を段階的に5つに分けたものです。

(1)生理的欲求
肉体的諸欲求(お腹減った、喉が渇いたなどなど)のことです。この欲求が人間の中では一番強く、これが満たされない限り、その他の欲求が強くなることはありません。これが根底にあります。

(2)安全欲求
身体的な危険・脅威から守れたい欲求。見慣れたものや既知のものを求める欲求も含まれます。これが満たされると次の欲求にいきます。

(3)所属と愛の欲求
集団への帰属と愛情や友情を求める欲求。社会的欲求ともいいます。これが満たされると次の欲求にいきます。

(4)自尊欲求
これは2つの側面があります。一つ目は自己に対する高い評価や自尊心を持ちたいというもの。もう一つは他人から尊敬されたり評価されたいと思うこと。

ここまでの欲求を見て、いかがですか?
しかし、人間は(4)までの段階が満たされたとしても不満や不安を持つものです。働いている人がどんなに成果や結果を挙げたとしても、何か空しいような気持ちをもつ、というイメージでしょうか。

人はこれらの欲求が満たされたとしても、「自分にふさわしい」と思うことをしない限り、最終的には満たされません。人が究極的に満足を得るのは自分が潜在的にもっている可能性を引き出せたときではないか、というのが、マズローの言っていることです。

そして、その可能性を出したいと思う気持ちや自分自身の成長を望む欲求を(5)「自己実現」という言い方でまとめています。

これはマズローが唱えたことですので、読んだ方の中には「そうかぁ?」と思う方もいるかもしれませんが、「自己実現」という言葉が割りと一般的に使われていることからも、この説が多くの人に受け入れられているのも確かだと思います。

「働くこと」=「生きること」では、この段階から言うと(1)と(2)の欲求のみを満たすということになりますので、何か釈然としないというのも納得できます。でも、人間は心や知能、文化などを手に入れている以上、動物以上の欲求を持ち、日々をすごしていることを考えると、「働くことの意味」も「生きること」だけでは説明がつかないような気がします。

「なぜ人は働くのか」という問いの答えは、人それぞれの形がありそうです。さらに言えば、自分の周りの環境や人生のイベント(結婚など)が起きたら、そのつど、形を変えていくものかもしれません。

まあ、別にそんなことを深く考えずとも、日々が楽しく充実したものであれば、それにこしたことはありませんね。

私は割りとそういうことをウツウツと考えるタイプなので、今回は長々と書いてみました。さて、私の「なぜ働くのか?」という答えは...それは一言では説明しきれませんので、また別の機会に。

では!
そろそろクリスマスのイルミネーションが楽しめる季節ですね。
横浜のイルミネーションはあまり見たことがなかったので、楽しみにしています。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。