よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは大丈夫ですか?長時間労働
こんばんは。スタッフの凸です。
今日は毎月第3月曜日の休館日でした。毎月第3月曜日が休館になっているのは、ほぼ終日、スタッフ会議をやっているからです。もっと利用者さんが使いやすい施設になるようなアイデアや新しい企画、ジョブトレーニングなどの連携先の情報共有など、毎月意見交換をしています。

※来月の第3月曜日は祝日のため、休館日が第2月曜日になりますのでご注意くださいませ!(7月9日:月曜日がおやすみ!)

さて、今日は朝日新聞の朝刊で気になる記事を見つけました。
「過労 崩れる30代」という見出しです。
働き盛りの30代を中心として、長時間労働で体や心の病気になっている方が急増しているという記事でした。記事では毎月200時間の残業(しかも残業代はナシ)で意識不明になり、介護の生活を送っている方のショッキングな記事も掲載されていました。

実は、サポステにお越しになる方の中にも過重労働、長時間労働が原因で健康を害された方のご相談も少なくありません。
新卒で入った会社での長時間労働が原因で病気となり、退職。治療のため、長期にわたり無業状態が続き、「さあ、いよいよ社会復帰するぞ」と思っても、実際には履歴書の空白などがあり、うまくいかないと言った状況も聞かれます。

一体、私たちは何のために働いているのでしょうか...。
社会とは一体何なんでしょう...。
相談を受けている私たちも愕然としてしまう労働環境です。

雇用問題もそうですが、いざ、働き出したあとの労働環境の問題も深刻です。特に、サポステに来所される対象の多くは20代後半から30代前半の働き盛りの方ばかりです。将来的に誰でもこうした環境に苦しむ可能性がありますよね。

実は、私自身も長時間労働で体調を壊したことがあります。唯一、頑張れたのは残業代がきちんと出たからだと思いますが、今、思い返すとゾッとします。過呼吸と血尿(お食事中の方失礼!)が止まらず、かと言って病院に行く時間もなく(もちろん、働きすぎだという認識はありました。)働いていました。過呼吸になりそうになると、トイレに駆け込んで、バレないように呼吸を落ち着かせていたりしていました...。
なぜ、そんなに働いていたかというと、「ギブアップ」と言える状況がなかったからだと思います。「ギブアップ」と言ってしまったら、仕事が干される...そんな強迫感もあったかもしれません。とにかく、ついていかないと...という思いだけで、仕事をしていました。

ひょっとしたら、今、社会全体が「ギブアップ」と言えない雰囲気になっているのかもしれません。
本当はみんな休みたいと思っているのに、ギブアップしたいと思っているのに、誰が許さないんでしょう。

私たちは誰に動かされてしまっているんでしょうか...。
仕事に振り回されない、そんな生活が一番なのは誰しも分かりきっているんですがね。。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。