よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産スタジアムで考えたコト
こんにちは、ワサビです。2回目のブログになります。
今日はこないだ日産スタジアムに行ったときに感じたことを書こうと思います。

こないだの日曜日(15日)に、日産スタジアムで行われた『ベストピッチ(天然芝)を体験しよう!』というイベントに参加してきました。ふだんは入れない芝生の上に入って、思いっきり走ったりボールを蹴ったりできるというものです。いつもはスタンドから観てる側だから、いっぺん中に入ってみたかったんです。
http://www.nissan-stadium.jp/dbdata/pdf/n1/id4dafbb613dd40_pdf.pdf

そのイベントの終了後、スタジアムの外ではでフリーマーケットをやっていました。で、何を買うわけでもなくぶらぶらしたり、お腹が空いたので、辺りの出店でゴハンを買ったりしてました。僕が最初に立ち寄ったのは西スタンド下の大きなテントのお店。ここの「鶏肉バジル」と「モツ煮込み」が文句なしに美味しかったです。

そのお店、おじさんやおばあさんたちが熱心にやってたんだけど、行列になってて少し待ち時間があったんです。で、順番が来るのをぼーっと待ってるあいだに、「あ、こういうイベントでサポステに来てる人が手伝いとかできたらいいだろうな」と思っちゃったんです。呼び込みとかはしなくても、設営や開店の準備をしたり、注文に応じて何か作ったり、お金の受け渡しとかしてみたり、溜まったごみをまとめてしばったり、いろいろできることはあるだろうなーって(こういうのは職業病かもしれません……)。

サポステにはジョブトレーニングというものがありますが、それとは別に、月に1~2回でいいから、みんなでお店とか出したら、それだけで結構な仕事体験の場になる気がしました。まあ実際に実行するにあたってはイロイロ難しいところも出てくるとは思うんですが、もしやれたら「気軽に参加できるお仕事体験」みたいなノリで結構いろんなことができるかな~って思って見ていました。


あと、この日、日産スタジアムのフリマを見ていてふと思ったのは、「働く能力云々」とかじゃなくて、「身近にそういう機会があるかないかの差って結構大きいんじゃないか?」ということでした。
日産スタジアムのフリマでは、ワンボックスの自家用車で出店している家族連れなども多いのですが、見ていると、5歳くらいの女の子が、「いらっしゃいませ~、お安くしときまちゅよ~」とか言ってるわけです。子どものうちから「仕事」という意識もなしに仕事体験をしている。そういう子って、大きくなってもアルバイトとかを「特別なこと」とは捉えないんじゃないかなー?という気がしました(僕は子どもの時にそういう機会が身近になくて、「いざ仕事」の場面になってから結構苦労したので、そういう機会を日常的に持てているのが羨ましく映ったのかもしれません)。


「身近な仕事」でいえば、それに似たことを感じる機会は以前にもありました。
僕は去年のゴールデンウィークに広島に旅行に行ったんですが、そのとき宮島に行ったんです。例の有名な厳島神社があるところ。なにしろ観光客なので、そりゃあもうベタに観光地を回るわけです。
なにしろゴールデンウィークだからもうめっちゃ混んでて、参道のお土産物屋さんなんかもすごい人の量。店員さんも数が多くて、高校生くらいと思われる子がずいぶん店頭に立っていました。明らかに「人手が足りなくて駆り出されたんだろうなあ」とわかるような感じです。そんな彼らも、慣れない手つきながらも店番したり、お金の受け渡しとかをしていました。ちなみに同じような光景は、そのあとに行った下関の魚市場でも見られました。まあ、どこ行っても人が多いですから。
「観光地」とか「繁忙期」ってこともあると思うんだけど、彼らにとっては比較的仕事が身近な存在なのかもしれません。頼まれたから仕事してみた。友達がやっていたから自分もやってみた。で、バイト代もらった。みんなやってる。だから仕事をそんなに「難しいもの」とは思わない、みたいな。

横浜は観光地なのかどうかよくわかりませんが、フリマでもなんでも、仕事を身近に体験する機会がたくさんあったらいいのかもしれませんね。あるいは「今度こういうのがあるんだけど、ちょっと手伝ってくれない?」みたいに言われる人間関係とか。
なんかあまりまとまりませんが、晴れた5月のスタジアムでそんなことを考えました。

そして明日はヴァンフォーレ甲府戦です。
今週も、行きます。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。