よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマサポ発 ~新人のささやき 「おみこし」⑥~
皆さん、こんばんわー☆ 
今日は☆七夕☆ですね。

ハマサポがある、よこはまSTビルの入り口の笹の葉に、いろいろな想いを書き込めるように、
以前から短冊が用意されておりましたが、綺麗に先着に短冊が使われてしまい、
今、流れ星を求めて、必死に夜空を見上げているタックルであります。

さてと・・、まいりましょうか。(笑)

♪ぴっ ぴっ ぴーひゃらら ぴーひゃらぴーひゃら どーんどーん……♪

~あなただけの、確実な進路とするためにの巻~

 先日、新しい法律、子ども若者育成支援推進法で定められた地域協議会についての
全国的な集まりに行ってきました。
 子ども若者育成支援推進法の詳細はコチラ(http://www8.cao.go.jp/youth/index.html
 講演会を主とした、全国のさまざまな支援機関の方々との交流の3日間は、非常に有意義な時間
でしたし、新人スタッフとして、非常に刺激的な場所でした。まだ自分なりに整理しきれていません
が、今回は、いろいろな支援機関(医療保健・教育・福祉・雇用・更生保護など)の中から教育現場の
問題の1つ、「具体的な進路(進学・就職)」についてささやいてみます。
 どのような場であれ、各々が持っているもの(力)を自然に活かすことができれば、
仕事を超えて人生も豊かになると思うんです。そのためには、地に足の着いた・実質的な事柄を
しっかり踏まえていくことが、どうしても大切だと思うんです。
 
 皆さんがスモールステップしていく中で、少なからず、「具体的な就労の姿」、または、
「仕事場のイメージ」に近づく時があるでしょう。そして、自身(身辺も含む)の課題にある整理が
ついたときに、実際にトライという形になります。前々回の、~「希望と夢」についての巻~
http://saposute.blog99.fc2.com/blog-entry-118.html)では、トライの設定を「希望」的なステージに
するメリットに触れましたが、それでは、具体的な職業をどうやって決めたらいいのでしょうか。

 講演者のお話・意見の中で、私自身も深く共感したことが2点あります。

① 従来から、具体的な職種・業種を設定する時に、たとえば、弁護士やプログラマー、野球選手
など、「何かになる」と「肩書き」的に設定するのは、誤ったメッセージになりうる危険性があり、
むしろ、「何かをする」方で設定した方が、現実的で大切なのではないでしょうかという意見がありました。
② また、「適職探し」、いわゆる、「白馬の王子様探し」と講演者が言っていたもの、それについては
真意を察してほしいのですが、あるわけがないという意見がありました。むしろ「適職にしていこうと
する力」の方が大切で、逆に企業側もそこを見ているのではないだろうかということでした。

 実は私自身、初めは「コレをしたい!」というものはありませんでした。進路に無関心・無目的だった
かというわけではなく、自分なりに探してはいました。大学受験も学部・学科もバラバラに受験。
受かった中で、入学してから考えることにしました。入学して学業が忙しくなるにつれ、それほど
思い入れがなかったためか、非常に居づらい感じになってきました。1年時の終わりには、
中退を思い始め、学科主任に相談したり、モヤモヤしてました。結局、「あと1年やってみて、
ダメだったら考えよう。」ということにしました。
  2年になり、将来への目標(仕事への目標)に少しずつ意識を持ちながら、日々生活するようにし、
多少、強引ではありましたが、建築家の魅力ある作品・人間性に遭遇し、「もうちょっとやってみよう
か…」に思い直すことができました。その後、仕事としての具体的な着地点は前向きに先送りして、
とにかく「どこまでやれるか。」「やれるところまでやろう。」「仕事は後で考えよう。」という感じで、
若さで許されることをやってみることにしました。
 以降は、最初の自己紹介でお話した通りです。

 私自身も、「何かになる」や「白馬の王子様探し」に、無自覚にのっかっていました。つまり、
「夢」的なものが先行し、足元の基礎へのチェックがなかったのです。(悪かったことばかりでは
ありませんが、レールから外れるロスやダメージを思うと、どちらがよかったかの分岐点に、
ある程度のところまでしっかり分析できたはずです。しかし、そのための相談機関や情報があまり
にも不足していたため、自分で(家族・友人含めて)客観的に見据えることができない状況だった
ので、やむを得ないところもありました。)

 ハマサポ、ならびに、いろいろな支援機関が横浜には多く存在しますし、より連携したネットワークを
構築していこうという機運もどんどん高まっています。今回は「いろいろな場所がありますよー」
ってことをお知らせし、相談の中で、必要とあらば、地域資源の有効活用も含めて一緒に考えて
いきたいと思っています。(o|o)/~~~

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。