よこはま若者サポートステーション
よこはま若者サポートステーションのスタッフブログです。 サポステの近況はここでチェック! (公式HP http://www.youthport.jp/saposute/)
プロフィール

サポステ

Author:サポステ
15歳~40歳までの就労支援施設です。個別相談を中心としながら、一人ひとりの「働くまでの道のり」を一緒に考えます。多くの機関や団体(人)との関わりの中で皆さんが社会の中で自分らしく生きていけるよう私たちは皆さんの活動を応援しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポステまでのアクセス
こんにちは。ワサビです。
しばらくご無沙汰をしてしまいました。

今日は電話でのお問い合わせの多い、
「横浜駅からサポステまでの行き方」について書きます。
「これから初めてサポステに行く」という方は参考にしてみてください。


■サポステは横浜駅の西口です。
横浜駅は大きな駅ですが、大きく分けて東口と西口があります。
東口にはそごうデパートやマルイがあります。
西口には高島屋やヨドバシカメラなどがあります。
まずは西口のほうに出てみてください。


■西口バスターミナルからの行き方
東急東横線や、JRの中央改札口を出るとこちらに出ます。
バスターミナルの向かいには、大きなシェラトンホテルが見えます。
左手には高島屋、右奥にはヨドバシカメラなど。

DSCN2688_convert_20110630202012.jpg
(シェラトンホテルの大きな建物)


DSCN2692_convert_20110630202427.jpg
(鏡張りの高島屋の壁面)


次に、バスターミナルを左手に進んで、高島屋沿いに進んでください。
DSCN2693_convert_20110630202621.jpg


高島屋を回り込むように進むと、右奥にJTBの赤い看板が見えてきます。
DSCN2694_convert_20110630202906.jpg


信号のある交差点で「洋服の青山」が見えたら交差点を右折します。
DSCN2695_convert_20110630202930.jpg



■相鉄口からの行き方
相鉄口からは、高島屋を右手に見ながら進みます。
左側の歩道を歩くと、郵便局とスターバックスが見えてきます。
DSCN2680_convert_20110630202831.jpg

さらに進むと交差点左の角に「洋服の青山」が登場。
この交差点を、JTBのビルに向かってまっすぐ信号を渡ります。



■横浜STビルまで
バスターミナル、相鉄口どちらから来ても、JTBビルの角に着きます。
ここからはあともうすこしです。

野村証券を左手に見ながら進むと、左側にコンビニのサンクスが見えます。
DSCN2700_convert_20110630203008.jpg


さらに進むと信号のある交差点が見えてきて、
その向こうにある青味がかった高いビルが「横浜STビル」です。
DSCN2702_convert_20110630203024.jpg


DSCN2703_convert_20110630203044.jpg
(STビルはごく普通のオフィスビルですが、ハローワークプラザ」をはじめ、いろんな就労支援施設が入っています)


DSCN2705_convert_20110630203116.jpg
(STビルの隣には「三菱東京UFJ銀行」の赤い看板が見えます。銀色の丸いオブジェが目印)


DSCN2706_convert_20110630203131.jpg
(STビルの入り口は、歩道から少し奥まったところにあります)


DSCN2707_convert_20110630203307.jpg
(ビルの入り口はこんな感じ。左奥にセブンイレブンがあります)


DSCN2709_convert_20110630203328.jpg
(ビルの奥側にはハローワークプラザ)


ビルを入って右手のエレベーターで3階に上がってください。
DSCN2710_convert_20110630203346.jpg


サポステの入り口はこんな感じ。
ビル全体が節電中なのでちょっと薄暗いです。
(節電にご理解・ご協力をお願いします)
DSCN2712_convert_20110630203401.jpg


無事到着! 中に入ったらまず受付に声をかけてくださいね。
DSCN2719_convert_20110630203452.jpg


相談スペースはこんな感じです。わりとカラフルにしてます。
DSCN2717_convert_20110630203417.jpg


就職に関する資料がラックに置いてあります。
気になるものがあったら自由に取ってください。
DSCN2718_convert_20110630203436.jpg


地理に不案内な方は、
横浜駅西口バスターミナル、相鉄口ともにすぐそばに交番があるので、
「西区北幸1-11-15 横浜STビルってどこですか?」
と聞いていただけると話が早いと思います。

駅からの所要時間は、ご利用の交通機関によってまちまちですが(出口が違うので)、
だいたい10分程度というところだと思います。

もしわからなかったらサポステ宛てにお電話ください。
(045-290-7234)です。
スポンサーサイト
日産スタジアムで考えたコト
こんにちは、ワサビです。2回目のブログになります。
今日はこないだ日産スタジアムに行ったときに感じたことを書こうと思います。

こないだの日曜日(15日)に、日産スタジアムで行われた『ベストピッチ(天然芝)を体験しよう!』というイベントに参加してきました。ふだんは入れない芝生の上に入って、思いっきり走ったりボールを蹴ったりできるというものです。いつもはスタンドから観てる側だから、いっぺん中に入ってみたかったんです。
http://www.nissan-stadium.jp/dbdata/pdf/n1/id4dafbb613dd40_pdf.pdf

そのイベントの終了後、スタジアムの外ではでフリーマーケットをやっていました。で、何を買うわけでもなくぶらぶらしたり、お腹が空いたので、辺りの出店でゴハンを買ったりしてました。僕が最初に立ち寄ったのは西スタンド下の大きなテントのお店。ここの「鶏肉バジル」と「モツ煮込み」が文句なしに美味しかったです。

そのお店、おじさんやおばあさんたちが熱心にやってたんだけど、行列になってて少し待ち時間があったんです。で、順番が来るのをぼーっと待ってるあいだに、「あ、こういうイベントでサポステに来てる人が手伝いとかできたらいいだろうな」と思っちゃったんです。呼び込みとかはしなくても、設営や開店の準備をしたり、注文に応じて何か作ったり、お金の受け渡しとかしてみたり、溜まったごみをまとめてしばったり、いろいろできることはあるだろうなーって(こういうのは職業病かもしれません……)。

サポステにはジョブトレーニングというものがありますが、それとは別に、月に1~2回でいいから、みんなでお店とか出したら、それだけで結構な仕事体験の場になる気がしました。まあ実際に実行するにあたってはイロイロ難しいところも出てくるとは思うんですが、もしやれたら「気軽に参加できるお仕事体験」みたいなノリで結構いろんなことができるかな~って思って見ていました。


あと、この日、日産スタジアムのフリマを見ていてふと思ったのは、「働く能力云々」とかじゃなくて、「身近にそういう機会があるかないかの差って結構大きいんじゃないか?」ということでした。
日産スタジアムのフリマでは、ワンボックスの自家用車で出店している家族連れなども多いのですが、見ていると、5歳くらいの女の子が、「いらっしゃいませ~、お安くしときまちゅよ~」とか言ってるわけです。子どものうちから「仕事」という意識もなしに仕事体験をしている。そういう子って、大きくなってもアルバイトとかを「特別なこと」とは捉えないんじゃないかなー?という気がしました(僕は子どもの時にそういう機会が身近になくて、「いざ仕事」の場面になってから結構苦労したので、そういう機会を日常的に持てているのが羨ましく映ったのかもしれません)。


「身近な仕事」でいえば、それに似たことを感じる機会は以前にもありました。
僕は去年のゴールデンウィークに広島に旅行に行ったんですが、そのとき宮島に行ったんです。例の有名な厳島神社があるところ。なにしろ観光客なので、そりゃあもうベタに観光地を回るわけです。
なにしろゴールデンウィークだからもうめっちゃ混んでて、参道のお土産物屋さんなんかもすごい人の量。店員さんも数が多くて、高校生くらいと思われる子がずいぶん店頭に立っていました。明らかに「人手が足りなくて駆り出されたんだろうなあ」とわかるような感じです。そんな彼らも、慣れない手つきながらも店番したり、お金の受け渡しとかをしていました。ちなみに同じような光景は、そのあとに行った下関の魚市場でも見られました。まあ、どこ行っても人が多いですから。
「観光地」とか「繁忙期」ってこともあると思うんだけど、彼らにとっては比較的仕事が身近な存在なのかもしれません。頼まれたから仕事してみた。友達がやっていたから自分もやってみた。で、バイト代もらった。みんなやってる。だから仕事をそんなに「難しいもの」とは思わない、みたいな。

横浜は観光地なのかどうかよくわかりませんが、フリマでもなんでも、仕事を身近に体験する機会がたくさんあったらいいのかもしれませんね。あるいは「今度こういうのがあるんだけど、ちょっと手伝ってくれない?」みたいに言われる人間関係とか。
なんかあまりまとまりませんが、晴れた5月のスタジアムでそんなことを考えました。

そして明日はヴァンフォーレ甲府戦です。
今週も、行きます。
はじめてサポステに行くこと
みなさんこんにちは。
4月から新しくブログ担当になったワサビ(♂)です。
普段はよこはまサポステの相談と各種セミナーを担当しています。

これまでこのブログはたま~の更新でしたが、
4月からは月に1~2回は更新していきたいと思いますので
よろしくお願いします。

------------------------------

このブログを読んでくれている方の中には、
もう何度もサポステに足を運んでくれている方も多いと思いますが、
はじめてサポステに行った時って、どんな気持ちがしましたか??
あの、ぶっちゃけ、怖くなかったですか??
(え、そんな昔のことはもう忘れた?)

勝手な想像ですが、利用者の方が初めてサポステに行くときって、
とても勇気の要ることもあるんじゃないかな?って思っています。
スタッフである僕たちには「こんな感じかな?」って
推測するしかできないのですが……。


初めてのところに行くのに緊張することって、ありますよね。

まして、仕事やアルバイトに一歩を踏み出せずにいる方が
仕事の相談をする施設に自分で行くというのは、
ある意味いちばんハードルの高いことなんじゃないかという気がするのです。
「やらなきゃいけない」ことはわかってはいるけれど、
でも触りたくても怖くて触れない、非常に電圧の高いテーマというか。

サポステでは、新規に相談に来られる方の予約が毎日何件か入っていますが、
実際にはお見えにならない方も多々いらっしゃいます。
その理由はきっとさまざまでしょうが、
中には「予約して近くまで来たけど、怖くて中に入れなかった」とか、
「3階でエレベーターを降りたけど、どうしても受付まで辿りつけなかった」
という方もいるのではないでしょうか?
構造上、サポステの中からは外の様子は見えないのでつい見過ごしがちですが、
きっと今まで、そういう方も大勢いらしたと思います。
(もしいなかったのなら、それがいちばん良いんだけれど)

もしそういう経験のある方がこれを読んでいてくれてたら、
ぜひ「もうあそこには二度と行けない」とは思わないでほしいのです。

こういうところを使い慣れている方ならまだしも、
いろんな理由で仕事に就けない、またはどうしても一歩が踏み出せずにいる方が
仕事の相談に行くというのは、大変勇気のいることです。
予約の前日に一睡もできないことだってあるかもしれない。
だって、自分のいちばん触りたくない部分に向き合おうとしているわけだから。

最近のサポステは混んでいる時期なので
少しお待ちいただくこともあるかとは思いますが、
心のエネルギーが充電できたら、ぜひまたいらしてください。
お待ちしています。
ハマサポ発 ~新人のささやき 「おみこし」⑧~
こんにちわ!タックルです。
ゲリラ雨、梅雨明け、猛暑!熱中症注意!と、何かと忙しい日々が続きますが、
皆さん、体調管理は大丈夫でしょうか。
私、先日より、入眠時に「冷マクラ」を使用し始めました。
アイスノンみたいに冷凍庫に入れなくても、常温で使用継続できるスグレモノなんで、
手放せない日が続きそうです。
皆さんもお体にはくれぐれもご自愛くださいね。

♪ぴっ ぴっ ぴーひゃらら ぴーひゃらぴーひゃら どーんどーん……♪

~キッカケは・・「総合相談!」の巻~

今回は、「一歩」を踏み出すための方法(の1つ)について、お話してみたいと思います。
ハマサポで基本ベースになっている「総合相談」。そして、オプション的に「プログラム」や
「地域ネットワーク資源」の活用。
これらを言い換えると、皆さんが相談員と一緒に、「一歩」を踏み出すためのいくつかの方法
といえます。つまり、一人じゃできないことを相談員と整理・共有し、エネルギーを溜め、
トライすることを目的としています。

相談員との総合相談の中で、皆さんが十分に整理でき、ある一歩を選択し、同意しても、
いざ待機している間に次のようなことが頭をよぎってしまったらどうしますか。

「わかっちゃいるけど、無理!」
「でも・・・」
「そんなこと言ったって、できないよぉ・・・」
「どうしようもないけれど、どうしよう~」

誰しも、何かに取り組む際に、どうしても勇気が出なかったり、
不安や迷いというものに、悩んだり、困ったり、しり込みしちゃうものです。

そんな場合に今一度、確認・注意事項があります。
①もう一度、整理がしっかりできますか。 ②焦って見切り発車的な選択になっていませんか。
③周りの人に気を使って、自分と離れたところで判断していませんか。

その時に、少しでも「不安定感」や「不十分さ」を感じた時には、やはり、安全第一。
引き続き、相談員との総合相談を継続しましょう。
それらを完全にチェックできたという前提で、今回の本題に入りますが、
それは、“ほんのり前向き色を帯びた「はい。」”を言ってみてはどうか、というお話です。

いろいろな理由は後で言おうということで、「はい。」と言うことで、とりあえず、先方に対し
半分は受け入れた形になり、次の通り、この先の展開が、まったく違う可能性が出てきます。

①⇒「でも・・・」と言って応じなかったら、自分も相手も今までと同じ。
②⇒ダメだったら後で断るとして、いったん「はい。」と言ってやってみる。すると、
相手との繋がりの中で、考えや行動が生じてきて、自ずと少しずつ事態が動いてゆきます。
つまり、関係性の中で、動きの中で考えて行動することで、「社会性」を帯び始めます。
相手との中で、自分を確認したり、再発見したり、相手を認めたり、議論したり、批判したり、
反省したり、感謝したり、助けたり、助けられたり・・・、という感じで、どんどん連鎖してゆきます。

人との繋がりは、確かに良い側面だけではない、わずらわしい側面もあるでしょう。
だから、1人の時間も同じくらい大切なのは言うまでもありません。

ただ、少しだけ「はい。」と言っていくことで、自分も周りも十分に変わり得る可能性に
富んでいることは、なんか新鮮だと思いませんか。
事態が変わってゆく「きっかけ」や「安心感」や小さな「自信」みたいなものは、人との繋がりから、
もっと言えば、繋がりの信頼関係から生まれてくるみたいだなぁ・・と、私自身もそこがキッカケ
でしたし、ハマサポでもそういった感じでステップアップなさった方を目にすることがありましたので、
今回お話させていただきました。

ハマサポ発 ~新人のささやき 「おみこし」⑦~
こんにちわ!!
暑い日が続き、ますます熱くなってきたタックルです。
よこはまSTビルの前広場で涼むことが、私にとってのパワースポットになっています。

♪ぴっ ぴっ ぴーひゃらら ぴーひゃらぴーひゃら どーんどーん……♪

~ハマサポプログラムご紹介② 「アートワークA・B」の巻~

 ここに来て初めて受けた研修がアートワークでした。
もともと絵が好きなこともありますが、非常に有意義だった理由は、意外や意外。
自分の尺度とは別なところにあったからです。

①「いろいろなしがらみから、自由に感じたり・思えたりしたこと」
②「その時の自分でいいんだと自然に思えたこと」
③「心がリラックスできた。」(心地よい眠気もありました。)
④「身体の緊張が取れ、温かくなった。」などなど、いろいろ挙げられます。

 特に、①、②というのがポイントです。これらは感覚的なものなので上手く話せませんが、
今一度オススメしたい理由の大きな1つなんです。

 しがらみというのは、ルールとか制度とか大上段に構えなくても、自分の心癖といいますか、
つまり、自分をがんじがらめにしたり、執われたり、かくあるべきとか。そういった自分から一歩
離れること。ある意味、自分の武装解除が体験できます。鎧は自身を守ってくれるところが
ありますが、重りにもなります。ケー スバイケースです。

「あーあ、うまく書かなきゃ・・・」「こんなのじゃ、恥ずかしい・・・」
「なんの効果があるんだろう?」「いっぺんに面白くならないかなぁ~」

 いろいろ感じることでしょう。これらも心癖。普段の生活で何気なくスルーしていることが、
環境を変えるだけで、少しずつ浮き上がってきます。
 大切なのは、絵の出来・不出来ではなく、絵の作業のプロセスの中で、自分の心癖に気づき、
そのような自分を受け入れられるように、自然に身を任せるトレーニングができちゃっていること
なんです。目に見えるところ(絵や他のメンバー)と自分の気持ちのバランスというか、
書き終えちゃったら単純に気持ちいいし、たとえ、絵がお粗末だったとしても、気持ちよかったら、
自分にとっていいことだったんだと自然に思えますよね。
 これ正解!なんかないんです。人の数だけのあり方があるし、そういう感じで、
自分を受け入れることができると同時に、他人のあり方も受け入れられるようになります。
(なぜなら、他人も自分と少なからず同じ気持ちのはずだからです。)
 そうなってきたら、相乗効果。人に対する安心感、もっと言えば、信頼感まで持てるように
なるかもしれません。

描く・書くことから始めてみたい方は、ハマサポワークショップエリアで是非!!
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。